フロアコーティングによっての効果

安いフロアコーティングには「カラクリ」がある!?

フロアコーティングに業者を比較していると、異様に値段が安いところがあります。そういった安い業者にはカラクリがあるため、値段が安いからといって飛びつかないようにしましょう。飛びついてしまうと相手の思うつぼです。カラクリには、人件費を削減していい加減な作業しか行われていないケースが多くあります。仕上りも雑なためすぐに効果が無くなってしまうのです。結果損な買い物となってしまいます。しっかりと質と技術、そして値段とのバランスを見て、業者を選択するようにしましょう。

失敗しないフロアコーティング業者の選び方

ホームページの内容を確かめよう

ホームページには、その業者サービスの内容や実績数などが掲載されているため最初の見極めのポイントとなります。ホームページを見る際には、実際に利用した方の声や施行の流れなどを確認して、自分の用途に合ったものを選択するようにしましょう。

サンプルを取り寄せよう

コーティングサンプルを取り寄せることによって、その業者の用いているコーティングの性能を確かめることができます。また、付属している資料の充実度で業者の実態や、フロアコーティングにかける情熱が伺えるのです。

価格にこだわりすぎない

フロアコーティングは基本的に一回限りのサービスです。だから、低価格に振り回されずに、内容の確かなコーティング業者を選びましょう。その上でより安い業者を選ぶようにすると自分の満足いく施工をしてもらうことができるのです。

コーティング専用の会社を選ぶ

最近では、副業感覚でコーティング施工を行っている業者が増えています。そこで、フロアコーティングを選ぶ際には、フロアコーティング専門の業者に依頼するといいでしょう。その結果、繊細な作業を行ってもらえるため、きっと満足いく内容のフロアコーティングとなります。

実際に業者を訪れてみる

フロアコーティングに関して、業者選びがすべてを決めてしまいます。そこで、実際に業者を訪れて話を聞き、業者の雰囲気を確かめてみてもいいでしょう。業者に訪問することで、フロアコーティングについての情報を詳しく聞いて、その中から安心して施工を委託することができる業者を選びましょう。

コーティングの種類

作業員

無光触媒コーティング

無光触媒コーティングは、主に室内のクロス面の防汚や日焼け防止、室内の消臭、有害物質の分解、抗菌といった様々な効果をもたらします。最近では、シックハウス症候群といった問題もあります。この無光触媒コーティングは、こうした優れた効果によって、病院や介護施設、保育所、学校、ホテルなどで採用されているのです。

水廻りコーティング

水廻りコーティングでは、素材の表面に撥水性の高硬度で強靭な密着度の高い保護膜を形成します。水廻りの特有の頑固な汚れの付着を軽減し、付着した汚れも落としやすくします。耐酸や耐薬品性もあり、洗剤にも強くしっかりとしたコーティング効果を期待することができます。劣化や剥がれ変色なども生じにくく、普段の手入れも簡単です。その結果、水廻りコーティングをすることで、長期に渡って効果を発揮してくれる安全なコーティングとなります。

防カビコーティング

特に清潔かつ衛生的に保ちたい所ほど、イヤなカビが生えやすいものです。お風呂やキッチン、トイレ、クローゼットには、防カビコーティングしておくことでカビを防ぐことができます。カビを遮断しアレルギーの原因となる空気中の胞子や微生物を激減させ、プロテクトを作り出すので、安定した効果を長時間持続させることが可能です。また、コーティング剤は浸透性が優れており、酸や熱、有機溶剤で分解しないのでカビが生えやすい場所でも効果を持続させることができるのです。防カビフローリングは科学物資を一切使用しないので、幼児やお年寄りの方でも安心して生活することができます。

和室コーティング

和室コーティングの施工は、和室の白木の風合いをそのままに紫外線などによる日焼け、変色を防ぎ日常生活における汚れの付着を軽減することができます。また、汚れに対して無色透明な皮膜を形成することにより、水拭きによるお手入れを可能としたコーティングなのです。菌を寄せ付けないため、梅雨の時期などの湿気の多い時期でも安心です。

ガラスフィルム

透明なガラスフィルムに窓ガラスフィルムを張るだけで、紫外線による家具や建具などの日焼け、地震などの自然災害による窓ガラスの飛散、窓ガラスの侵入による空き巣防止となります。また、夏場の日射対策や冬場の暖房費削減を可能してくれるのがガラスフィルムです。温暖化現象、CO2削減などの現代社会が抱える環境に配慮し、自分に合った生活をすることができます。