初心者向けのフロアコーティング講座|フロアコーティングの値段をチェック|値段.com

フロアコーティングのポイント

ワックスよりもコーティングがおすすめ

フロアコーティングはどんな住居にも対応することができ、生活によって生じる傷や飲みこぼしからの汚れを守ってくれます。汚れを吸収しないため、衛生的にも良いのです。長期的に見ればワックスよりもトータルコストはお得となります。コーティングすることで光を反射して部屋全体を明るくしてくれるのです。

申し込みから作業の流れ

申し込み

ホームページや口コミなどを利用して、業者を選びます。その際に施工に関する問題があれば事前に相談しておきましょう。そして、どの業者も無料で見積もりを作成してくれるので必要となる費用やサービスを確認した上で最適な業者に依頼しましょう。

施工スケジュール

申し込みが完了すると、施工のスケジュールを立てます。フロアコーティングとなると、時間がかかる場合があるので、事前に余裕を持った状況で施工のスケジュールを立てましょう。

施工当日

施工当日は、施行するスタッフが訪問して、注文書の確認をして、施工箇所をチェックしていきます。そして、施行する際には、作業内容と作業時間についての説明を受けて施工開始となります。作業開始前と作業完了時には必ず立ち合いが必要となるので、覚えておきましょう。

施行後の確認

施工完了後は、施行した箇所の確認をして、あわせて今後のフロアコーティングの手入れ方法の説明に移ります。その際に、不安な点があるのであれば、質問して確認しておきましょう。

支払い・アフターサービス

施工完了後は、清算に移ります。支払い方法に関しては、業者によって異なるので、事前に施工開始の際に確認をとっておきましょう。また、施行後トラブルが生じたり、不明な点がある際に連絡ができるように電話番号を控えておくといいでしょう。

人気のフロアコーティング

no.1

UVコーティング

UVコーティングは、省エネ・省資源・公害にならないことを目的に開発されたものです。UV塗料は、紫外線硬化塗料と呼ばれており、現在では様々な場所で利用されています。UVコーティングのニーズは高く、ピアノや高級家具、スマートフォンなどでも使用されている信頼性のある技術なのです。

no.2

シリコンコーティング

比較的低コストで施工することができるのが、シリコンコーティングです。シリコンコーティングの特徴は、艶の強さの調整が可能となっており人気となっています。薬品はある程度耐久性があるため、ペットを飼っている家庭でも非常に便利なのです。価格と耐用年数のバランスを考えるとコストパフォーマンスが高いのです。

no.3

ガラスコーティング

ガラスコーティングは、最新技術のナノコンポジットというものを採用したフロアコーティングのことです。無機質コーティングのため幼児や高齢者、ペットがいても安全性が高く、安心して生活を送ることができます。また、最近では、ハードコーティング技術を採用して、キラキラと光沢のあるものや、艶を少なくしてフローリングそのものを生かすといったものを希望によって施工することができるのです。

no.4

ウレタンコーティング

ウレタンコーティングには、2種類あり油性のものと水溶性があります。どちらもウレタン樹脂コーティング剤を使い、フローリングをコーティングします。ウレタンコーティングは、被膜面が厚く、摩擦に強いのです。また、静電気の軽減効果もあり、掃除が楽になります。フロアコーティングには様々な種類がありますが、その中でもウレタンコーティングはバランスのよいフロアコーティングで多くの方が利用しているのです。

no.5

アクリルコーティング

アクリルコーティングは薄い膜で施工するため、剥離することが容易で、その他のフローリングの張替えなどが可能となります。アクリルコーティングは非常に低コストで利用しやすいのです。艶を再現する効果が高いため、綺麗なフローリングにすることができます。一時的に住む場合であれば、このアクリルコーティングを利用することで、綺麗な状態を保つことができるでしょう。

初心者向けのフロアコーティング講座

部屋

施工のタイミング

フロアコーティングのタイミングは、家具のない状態の新築入居前やリフォーム直後です。施行方法によって乾燥に日数がかかり、家具の移動が必要になる場合があります。業者によっては入居中の施工を対応しないというところもあるので、新築時に比べると業者選びが困難となります。だから、施工を依頼するのであれば、新築もしくはリフォーム直後がベストのタイミングになります。

業者選びのポイント

最近では、フロアコーティングの需要が増え、なかにはハウスクリーニングの業者が副業としてコーティング施工を行っているケースもあります。優良なフロアコーティング業者を見極めるには、専門の業者であるのか、施工実績がどのくらいなのかといった点に注目して調べていきましょう。

トラブル回避の方法

フロアコーティングのトラブルには、施工中に起きるものと施行後に建具の破損、密着不良、ひび割れなどのトラブルが生じるケースがあります。そのトラブルの多くがフロアコーティングの専門ではなく、副業感覚で行う業者や経験不足の業者によるものです。トラブルが生じても補償にとりあわないといった業者もあるので、アフターサービスのある信頼できる業者に依頼するのが何よりのトラブル回避方法なのです。

フロアコーティングの質問コーナー

フロアコーティングは必要ですか。

フロアコーティングはそもそも床の傷の防止や美しさを保つといった目的で行われています。床は毎日歩く場所であるため、当然のことながら傷がついてしまいます。また、フローリングは木であるため、年々劣化していきます。そこでフロアコーティングを行うことで傷を防止したり、木の劣化を防ぐことができます。

入居中でのフロアコーティングは可能ですか。

可能ですがフロアコーティングを行った場合、歩行するまでに5時間以上物を置くために24時間以上あけなくていけません。そのため、入居中の場合は1部屋ずつ荷物を移動させながら行わないといけません。

フロアコーティングの種類によって艶は全く異なりますか。

異なります。特に艶があるのがUVフロアコーティングです。しかし、最近のガラスコーティングやシリコンコーティングは艶の強さを調整することができます。

お得なフロアコーティングをするコツはありますか。

フロアコーティングの場合、業者によって費用が異なります。そのため、フロアコーティングをお得に行うには、複数の業者に見積もりを出してもらうことが一番の近道です。様々な業者に見てもらうことで、信頼できる業者を見極めることができます。

硬度〇Hと表示されていますが、Hは一体どういった意味?

Hというのは、引っかき硬度を示すものとなります。このHの前につく数字が多いほど、高度が高いということを示しています。しかし、フローリングによっては硬度が高すぎてしまうことでひび割れてしまう場合もあるので、施行前に業者に相談しましょう。